FC2ブログ
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>
2017-11-10(Fri)

ビギナーズエンデューロ ホワイトバレー松原に参戦してきた。

お疲れ様です。

松原から一週間が経とうとしております。

いまだに左手中指がいう事を聞かないオッサンです。

いやいやいや、めっちゃ面白かったエンデューロ。

結局猫山からCRMも動かすこともなく練習するでもなく挑むことになったレースですが。

もう予想以上にすごかった(^_^;)


そしてレースには駆け引きがあるのを思い知らされましたね。

そして、ほとんどやったことないゲロゲロアタック。

難しかった~。


でもまぁイメトレしてた部分はなんとなくそれなりに行けた気がしますが、

やはり路面状況とか実際の起伏や斜度は生で見ると迫力物でした。


もう終始オッサンは

23231247_1538565132899364_5170112822990356886_n.jpg
ひたすらバイクを押す!!

23231402_1538606602895217_6367673979388289040_n.jpg
ひたすらバイクを押す!!!

23316481_1538638622892015_1169355855892519543_n.jpg
ひたすらバイクを押す!!!!

といった具合でした(笑)

まぁ、それは言い過ぎですが・・・


いや、そうでもないか(;´・ω・)

とりあえず反省とこれからについて覚えているうちに残しておこうと思いました。


まず最初。
スタートしてすぐに前走者と接触して転倒→そして起こした時には最下位でした。

これね、少しアクセル戻せば避けられたはずなのになぜか引かなかったのよね。

「こんなもんでコケるか!」とか思ってたのかな?

フロントが少しはじかれたらバイクなんてすぐにコケるものなのにね。

もうここでオッサンの頭の中はテンパリまくりの無我の境地。

初めから冷静な判断力を失っていたのですね。

次回のレースは落ち着くためにスタート直前まで頭の中をエッチなもので満たしておこうと思います。

そうすればきっと煩悩がほとばしる男根のように前へとつき進めてくれることでしょう。


そして、出遅れた分の予想通りの渋滞。

ここで待つか、確実なラインを行けばいいのに無理して誰も行かないところへ行ってハマる。

一か八かのラインは「行ける!!」と思う所しか行かないようにしようと思いました。

でもね、行けるかもしれないと思ったら挑戦してみたくなるのが人情ってものじゃないかな???

そして行かなかったら「やってみたかったな~」って終わった後、後悔するのよね。

まぁ、もっと練習して自分がどのくらい出来るかもっと把握してギリギリではなく行ける可能性を広げなくてはですか?

そして一番タイムロス

四段ヒルが楽しくて何度もアタックしてしまった。

結局あそこだけで30分は遊んでたんじゃないかな?

直登ラインがもう少しで行けそうで何度も戻ってアタックしちゃった。

結果上がれたけどもうレースじゃないわねw

他にも楽しいセクションの誘惑があったけどやっぱ四段ヒルは楽しかったな~。

というのもマスタークラスで表彰台に上がれるとは微塵も思ってないのよね。

ならばお金出して走ってる分、経験値をしっかりもらわなきゃ損じゃない?

ぶっ飛ばすのも気持ちいいけど、普段経験できないセクションをしっかり体感しとこうと思いました。

他のセクションも面白かったですね。

激下りもすごかったし、ガレ沢上りも楽しかった。

さて、そしてオッサンのベストタイムが17分なのです

そしてトップのタイムは平均13分でベスト12分。

5分もタイムを縮められるかを真面目に考えないといけませんね。

正直真面目に考えてもそれは難しいです。

でも3分くらいなら縮まると思います。

ではどこで縮めるか?ですが。

まず、下りが遅い。

全ての下りでかなり短縮ができると思います。

そして考えてる時間が長い。

セクションのたびに止まってどこをアタックするか見てる。

その時間が無いだけで数分稼げますね。

そしてなにより体力がない

一度コケただけで心臓バクバクでハァハァしてたらいけません。

なおさら重いトレールで頑張るならやはり筋トレは必須ですね。

痛感しました。

〇下りでビビるな!!

〇セクションはもっと早く判断してアタックしろ!

〇モアパワー!!(ライダーが)

まぁ、技術的なものが一番なのですが年寄りが技と体力を今からつけるのは難しいっす!

まぁそんなことやって何になるんだ?と言われたらそれまでだけど。

オッサンの通勤ライダーとしてのプライドかな?

貧乏暇なしのオッサンにも夢は持てる!

そんなスタンスで頑張ろう!


一応動画も撮ってますが例のごとく息子の自然観察・・・





それと塾長の華麗なるテクニックとシンコー540DC絶賛動画



たしかに良いタイヤです。

だが貧乏人のオッサンは新品は履かんよ!!

あるもので勝負する!

買えないもののひがみですけどねwww
2017-10-29(Sun)

速くはしれりゃ偉いのか?

さて、ちょっと思ったので連続投稿で書いちゃいますよ、

どうもお疲れ様です今日も安定の庶民、オッサンです!

さて、少し前からTwitterというものをはじめました。

まぁなんというかよくわかりませんね。

あれはいったい何のためにある物だろう?

まぁ深く考えることもなく適当に使っております。

そんなわけでバイク関連とかいろいろなつぶやきを見ておりますが、なんとまぁ・・・

面白い情報に使える情報も多くありますが、それと同様からそれ以上に不平不満のつぶやきの多い事w

すり抜けがどうの、排気量がどうの、ウオッシャー液がどうの、

まぁ、みみっちいどうでもよい事から生き死にのことまでいろいろあるものですね。

ただまぁ、十人十色、一人ひとり思う事が違って当たり前だしだから面白い。

でも共通していろんな事言っちゃってるのにみんな妙なことろで行儀がいいのよねww

飛ばすならサーキットへいけ!迷惑だ!

公道を走るなら装備は絶対!

すり抜けはダメ!絶対!

まぁ若かりし頃はそんな固定概念もあったものだからわからなくもないですが

「ほんとにそんなバイクの乗り方してて楽しいのか?」って思っちゃいます。

確かにノンビリ走るだけでも日常では感じることのできない感覚を楽しむ事ができる乗り物ではありますが

頬を撫でる風だけでなく押さえつけて苦しくなる分厚い壁とか、

牙をむいてくるマシンを押さえつけた征服感とかはたまた

マシンが上げる悲鳴や咆哮。

そんなものを知らないままバイクを下りてしまうライダーもいるのだろうと思うと何かもったいない気がします。

もちろん、速く走れたからなに?って感じなんですが

知っているのと知らないのは大きく違うと思います。

「これでいい!」と思うところで楽しめるのは一番だと思いますが

「愚かな行為だとしてもやってみることでしか知ることのできない世界」

が実際にあるのだからしかたがない。

そしてその世界はとても甘美なものでもある。

手を出さぬ方が賢いのは間違いないですよね。

人間とは愚かな生き物ですな。

さてそんなオッサンは最近のバイクにも気に入らない。

とにかく高い!

給料はほとんど上がってないのに物価はガンガン上がっていく一方だ。

まぁ給料はオッサンが悪いんだけど

それでもなんだ今のバイクの値段は(;´・ω・)

ビックバイクはまだわかる。

今売れまくってる250!!

意味が分からない!

確かに作りこみや装備に材質、

値段が上がるのは分かる。


でも、250に乗る人間にそんないらんもんつけてどうする?

もう庶民の乗り物じゃなくなってますよね(-_-;)

しかも中古もスゲー高い!

若造がワイワイ乗るようなものじゃなくなってますよね。

完全に富裕層のお上品な乗り物になってますよね。

商売としてはそれが一番だと思いますが

なんだかな~。

若者たちから何でもかんでも奪っていくような感じがして気に入らんです。

まぁ今じゃ走るところも少なくなってるし何をやってもとにかくうるさいからバイクなんてめんどくさいものだろうけど。

それに高い金出してちょっと昔の同排気量のバイクとたいして変わらん走りしかできないバイクに悔しくはないのか?と思います。

まぁオッサンは見た目やファッション性というものはよくわからない。

でもたぶん、新車でCBR250RRを買って、それなりに走ってるのに中古で20万とかのスパーダとかが涼しい顔で

「や~バイクは楽しいですね~」なんてついてこられたらヘコむよ?

ましてや汚い格好のセロー225なんかに、しかもオンロードとかでついてこられた日には泣くね。

金額=性能としてはっきりわかるもの
だと思ってるし。

あれ?

なんだこの記事意味が分からん。

でもたぶんきっと

何にもなかったオッサンが唯一熱くなれたものだったから、そうでなくなってしまったものが悔しいのだと思う。

バイクってのも結局は見た目とファッションだったのかと。


それでも、自分たちなりに楽しさを見つけて乗ってる人たちも沢山いるのは分かってますけどね。

2017-10-29(Sun)

終わったね~。

お疲れ様です!

前回の記事からうって変わった記事であります。

落ち込んでても仕方ありません!だが忘れてもいけません!

そして立ち止まってる場合でもありません!

だがしかし!!

天気が悪い!!

毎週雨でしたね!ま~ったバイクに乗れない一週間を終えてしまいました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

ついに来週に迫ってまいりました

ビギナーズエンデューロ「ホワイトバレー松原」です。

オッサンは楽しみ半分不安半分です。

マスタークラスの変態連中に手も足も出ないのはサバ広、琴引で嫌というほど思い知らされております。

なのでマスタークラスのコースを思う存分堪能できればそれでオッケイなのですが。

どうやら予想以上に厳しいという話を小耳にはさんで日夜雨に濡れた子犬のようにプルプルと震えております。

来週は少しは天気は回復するのでしょうかね~。


とりあえず、松原ではハァハァできそうなのでゴーグルタイプのヘルメットで行くことにしますか。

タイヤはリアは猫山の540DCをそのまま使うとして、フロントはAT81の使えそうなやつで行こうと思ってます。

VE35の山のあるやつもあるのですがフロントVEは理由は分かりませんがなにか合わないのよね。

とりあえず、CRMの方は機械式ARバルブがけっこう上手くいきそうで下手な補器類つけなくても行けそうですが、問題は冷却ですね。

ゲロ系のアタックでハマると2stマシンなんて速攻でオーバーヒートしちゃうもんね。

てなわけで皆さん社外品の冷却ファンつけたりしてますがオッサンはなんもしてない。

ということで、ヒートした場合の格安の対策としてペットボトルに入れた水でもラジエーターにかけようと思ってます。

琴引で沢の水かけながら走ったのは懐かしい思い出です。

まぁ、琴引の場合は渋滞でエンジンかけてたらヒートしちゃったんだけどね(;^ω^)

さて、高いエントリー代金払っているのだから思う存分走らねばいけません!!

途中でリタイアなんていう一番勿体ない事態だけは避けたいですね。

根っから貧乏性のこの俺と来たら・・・ねぇ?

まぁでも正直、

越えられないセクションがあったら迂回なんてせずに何度でも挑戦してやろうと思います。

迂回ルートがあればですが(;´・ω・)

とある情報によりますとどうやら過去の動画と比べると随分コースは追加変更されているようですね。

まぁ、今更どうにもできませんがとにかく落ち着いていこう。

結局練習らしいことはできてませんがオッサンはあくまでレースをかじっただけのただのオッサンです。

それ以上でも以下でもない。

だがあえて言うなら趣味がバイクに乗ることのオッサンです。

好きなものが同じ趣味の人に全く通用しないのも寂しいではないですか。

だからと言って家庭や生活を犠牲にしてまでレースで勝とうとはおもいません。

あくまでもオッサンはストリートスタイルなのです

公道及び一般道、そこらの山がメインの超庶民です。

安く楽しく安全にがもっとうの節約ライダーです。

時間とお金を使って走るのではなく構想趣向を凝らして生活の合間に最低限の練習で結果を出さなくては意味がありません。

実際レースに勝つ一番の近道は

「膨大な時間と金を使って常時最高の状態のマシンでひたすら練習すること」ですものね。

そこに庶民の夢はありません。

まぁレースに出ること自体庶民の趣味としては贅沢ではあるとは思いますけどね(^_^;)

そこらへんオッサンは恵まれていると言えます。

テクニックを教えてくれる人、使えるタイヤ、パーツの提供してくれる人、整備技術を教えてくれる人。

オンロードでノンビリ走ってるだけでは出来なかった繋がり。

一番嬉しいものですね。

最下層のオッサンが完全に一人ではまたバイク競技なんてできなかったでしょう。

そうして参加できるのですからなおさらリタイヤなんてできやしませんからね。

なんとか時間を作ってもう一度基礎をしっかりやろう。

初めてのセクションに対応できるように身近なあらゆるセクションで練習したい。

もちろん、スタートは全力で、ペース配分は考えない、行けるところまで行ってあとは自分の体力と根性で何とか考えよう。

ついていく作業は危険!コースをよく見てハマってはいけないところでハマらないように!

少しでも気を抜けば速攻でドンケツだ。

ワクワクするじゃないですか?

さぁ、残り一週間、

出来ることだけでどこまで行けるか楽しみです!
2017-10-20(Fri)

決めた!

おつかれさまですおはこんばんち.

二日寝てなかったらちょっと風邪気味になっちゃったオッサンです。

徹夜できなくなったな~。

さて、こないだ家族でカッパ寿司行ってきたのですが、

ほんと外食なんて久しぶりです。

外で食べるご飯なんてお弁当作って遊びに行くときとか、釣りとかしながら適当なもの作って食べるとかばかりで

お店で食べることがほとんどなくなってしまいました。

まぁ、子供も大きくなってきてお金がかかるのよね~。

でもま、たまにはいいかと行ってみたらスッゴク喜んだのよね、

もうひたすら「美味しいね!おいしいね!」の連発。

DSCPDC_0002_BURST20171015200616765.jpg

いやぁ。こんなに喜んでくれるならたまには連れて行ってやらんといかんですね。

うん。

レースに一回出ることを思えば家族で二回は食べに行けるもんね・・・

などと考えながらもオッサンは我慢できないですわ。

次回ビギナーズエンデューロ「ホワイトバレー松原」

テンションも上がらなかったしそんなこともあって迷ってましたが

やはりウズウズは修まりませんね。

やっぱ走りたいですな。

さて、せっかくであるから思い切り全力を出し切りたい。

なんだかんだ過去のレース、そのすべて何か落ち度がある。

暑さ対策を軽んじてリタイヤしたビギナーズ山口牧場。

それはダメだろ?と言われたタイヤで腕もないのに回れずに泣いた琴引き

渋滞にハマりオーバーヒートばかりで思うように走れなかった琴引き

大転倒してパンクしてリタイヤしたビギナーズ山口牧場

あー、何も考えなくても楽しかったSMJエンデューロ。
ただペースが分からず体力余ってたからもっと楽しめばよかった~

そしてそれなりに楽しんだサバ広。
コース内見学と言えるノンビリペースで全く疲れなかったな~。

そして結局パンクした上に体力が持たず二位で終わった猫山

まぁ、猫山は嬉しかったんだけどねwww

さて、過去のレースを振り返って思うのは

「コースを知らなければ思いきり楽しめない」という事であります。

先にあるセクションや右か左か?腕があるなら思い切り突っ込んでいけるがオッサンの腕は大したことない。

たまに体術や感覚だけで乗っていると思われる方もおられますが、オッサンはただのオッサンで

体力も人並み、感覚も鈍い、我慢強さには少々自信はあるがやはりたいしたことない。

オッサンは情報と予想で乗るのがバイクだと思ってます。

積み上げてきた情報をもとに現在の状況からより多くの情報を収集しこれから起こる状況を予測していく。

これはつまりレースだけでなく一般道を走るうえでも同じだと思う。

むしろ一般道においては「予測する」と言うのは最も重要だと。

初心者がコケるだの事故るだのは運転にかかる意識が多く周囲の現状を把握しきれなくかつマシンの挙動を予測できない、または間違って解釈していることが多いからではないでしょうか?

目で見て音を聞きどれだけ広く多くの周囲の情報を把握できるか。

そして積み上げてきた経験と現状の照らし合わせから今後の状況を予想する。

コーナーの路面状況の予測、Rに対しての必要速度の予測、ギリギリの速度の予測、

予期せぬスライドや挙動の予測。

さらに予測も感覚や体力が高ければ高いほど深く出来る。

が、オッサンの身体能力では予測幅を広げるのは難しい。

ギリギリの走り方では予測できたとしてもとっさの事態に対応するだけの瞬発力も抑え込む腕力もない。

なのでより正確な状況把握と情報の処理能力。

感覚を頼りに攻め方をより正確かつ迅速に出来るように。

とまぁ漢字で書くとめんどくさいがようは

ひたすら練習するっていう事なんだけど、残念ながらオッサンは通勤+α程度の練習が精一杯。

そこで出来ることと言えば情報によるイメージトレーニング

イメージもより強く走る感覚やサスの動きまで想像できるくらいに想像する。

そう!服の下のスリーサイズまではっきりと想像できるくらいに

つまり想像力を超越した妄想力!

動画を見ながら頭の中でレースができるくらいに妄想する。

コースを走ることはもとより、レースであるという事が最も重要である。

各一人ずづがタイムアタックするのではない、お互いのラインをふさぎ我先にとせめぎ合う

いかにそれから抜け出し前に出るか。

そう、服の下の下着の形だけでなく色や模様まで想像できる力があれば日々の通勤だけで得られる感覚からレースができるのだ。

つまり妄想のみで練習しているのだ。

あれまてよ?

そこまで言っちゃうともうレースに出なくても楽しい気分になれるんじゃね?

いやいややっぱなんでも本番でしょ。

なんでも実際にやったことには勝てないよねw

そんなわけで走るっきゃないよねw
2017-10-17(Tue)

同僚の息子の自殺について

皆さんこんにちわ。

何度考えても分かりません。

同僚のおばさんの息子さんが自殺しました。

他人が何考えてるのかわかりません。

理由も分かりません。

ただただ悲しいのか腹立たしいのか自分でもわからない感情がずっとかきみだしています。

少し前まではどこでだれが死のうが知ったことではないと思ってましたし。そうでした。

子供を持ち背負うものを持ち、身近なところで身近な人がそうなることで初めてこんな感情がわきました。

弱肉強食や自然淘汰の一環かもしれませんし、運命とか本人の弱さや誠実すぎたのかもしれません

とにかく許せんです。

親より先に死ぬ本人も許せませんし、20代の若者がそんなことになる世の中も許せませんし、

そう思うだけで何もできない自分も許せません。

実際、年間の自殺者や、殺されている子供の数、行方不明者など、少し調べれば数字がすぐにわかる世の中なのに

誰も何もしないのももどかしいです。

底辺のオッサンに出来ることなど何もないと思います。

でも、子供たちが幸せに生きていける世の中であってほしいです。

他人を見たら詐欺だと思え、隙を見せたら付け込まれる、これから先日本はもっと他人を疑い人が人で無くなる世の中になっていくでしょう。

そんな中で子供たちはまともに生きて行けるのか。


ただ強く生きてほしい。
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
プロフィール

いっちゃん

Author:いっちゃん
広島に住む。なにもないただのオッサンです。
最下層でもがいてます。
日々の通勤でバイクにちょっと乗ってるだけ。
ただそれだけ。

フリーエリア
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
FC2カウンター
おっちゃんにメール
ご意見ご要望、苦情等なんでもお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム